2016年06月05日

新刊紹介 「Katsumi In 道祖神ワンダーワールド」 武勝美著

bo.jpg

著者・武勝美の挨拶より

 “道祖神・ワンダーワールド“へのお誘い  

 石造道祖神の造立数は都道府県別で次のようになります。@長野3900 A群馬3500 B神奈川2800 C山梨2200 D静岡1800 E鳥取600 F新潟500 G埼玉300(数値は百の位まで)。私はこれら8県の《道祖神の里》に焦点を合わせ訪れました。その訪問先の市町村を数えてみたら秦野市を除き60余カ所になります。
「なぜ道祖神なの」「道祖神の魅力は」「好きな道祖神を教えて」などとよく尋ねられます。でも、どの問いにもしっかりとした答えは返せないのです。ただ、出会った道祖神がその地の風土によってさまざまな信仰対象になっていること、その双体像の姿態や刻まれている文字もまた“千変万化”・多種多様であることが、次の里への訪問の強い誘引となっていることだけは確かです。
 石造道祖神とは言え、時の流れは塔碑にかなりの変化(摩滅や剥落)をもたらしています。このことを含め、かつて里人の「心のよりどころ」だった道祖神は、今その存在さえ忘れられようとしています。そうした現実の中、『里めぐり』で地域の人から道祖神にまつわる話を聞かせてもらい「道祖神はその地域の文化財。できれば記録を」という思いに至りました。それがこの度の上梓のきっかけの一つになっています。
 出会った道祖神を通して、道祖神は私の“ワンダーワールド“になりました。ここに収めた道祖神さんは、北は北海道から西は鳥取県までの550余点。収録できなかった塔碑を含め、出会ったすべての道祖神さんとこの本を編むことで再会できたこと喜び、懐かしんだのでした。
 
 2016年6月 
                             武 勝美

 問い合わせ先 
  
   (有) 夢工房 yumekoubou-t@nifty.com
            〒257-0028 神奈川県秦野市東田原200-49
             0463(82)7652 FAX 0463(83)7355   担当・ 片桐まで
posted by echo-take at 08:14| その他