2014年01月24日

長野・安曇野市穂高町

2011/8/19 長野・安曇野市穂高町 
 
 朝の連ドラ「おひさま」の舞台は安曇野。そのドラマにもときどき道祖神が登場する。安曇野には仲むつまじい双体道祖神があちこちに立っている。
大糸線穂高駅前の看板にあるように旧穂高町には83の道祖神が祀られている。文字碑を含めれば130体以上。町のいたるところに道祖神―角を曲がると道祖神が現われる―そんな感じのする地だ。
  
eki.jpg

たばこ屋の角を曲がったら
machi.jpg


信用金庫の入口に
shinkin.jpg


 穂高町の道祖神は他の神仏と共に祀られていることが多い。下は等々力地区で見たその典型的な5塔。
P1010717.JPG
 右から道祖神 甲子塔(大黒天) 二十三夜塔(勢至菩薩) 庚申塔 二十一夜塔(如意輪観音) この5塔の前に無縫塔が立っていた。
 

 秦野地方の双体道祖神は舟後光型がほとんど。安曇野の双体像は自然石に彫り込まれている。服装も冠衣束帯の男神と十二単の女神が多い。道祖神の神殿を線彫りにし、その中に祀るもの。

sentaku2.jpg

 菊花紋の欄間の下に立つものなど他の地方の道祖神にはあまり見られないのがもある。 男女神の頭上にある吉祥紋ともいうべき菊花紋は不老長寿、夫婦和合等の信仰内容を象徴している。単十六花弁で他地域では類を見ない大輪の菊花紋は、左右対称の美的なまとまりを見せ、男女神の神々しさを効果的に表現している。

kiku.jpg

kikuka.jpg

ここにあるのは神殿に菊花をあしらった道祖神。菊の花は永遠の契り、即ち結婚を象徴しており、集落の人々はこの道祖神に良縁や成婚の願いをかけてきた。 菊花紋道祖神は安曇野市の有形文化財第1号に指定されている。 

菊花紋道祖神にまつわるエピソード
「菊花紋は皇室の紋章であり、道祖神に使うなど不敬」ということで、戦時中に官憲から削除が命じられた。しかし、村人は「これは皇室の十六弁八重表菊でなく単十六花弁。この道祖神は徳川様の世に建てたもの。菊紋が使用禁止になったのは明治4年の太政官布告からだ」と抗弁。しかし、官憲はどうしても削れといって聞かない。それで村人は「そんなに畏れ多いものを私どもが削り取ることはできません。どうぞ貴方様がおやりください」と。さすがの官憲もこの言葉で引きさがったという。

                            
 安曇野では彩色された道祖神に会える。年に一度、地域の子供たちが塗り替える、と言う。そのわけは、色を付けることで道祖神の霊力が新たになり病気や災難から護ってくれるから。子供が色付けする。“好み”からすれば、「極彩色は…」。

saisyoku.jpg

 等々力町の道祖神碑(下)の近くの住む女性から道祖神の祭りのことを聞いた。「この道祖神は今は色は塗らない。子供の道祖神の祭りもなくなった。五月に、大人が手料理を持ち寄って道祖神の前で宴会をやるだけ。昔は子供の相撲大会もあったらしいけど」。

kuramae.jpg


 湧き水と北アルプス、そして「おひさま」人気で安曇野はにぎやかだった。だが「道祖神めぐり」で出会った人たちはわずか二組。それでも穂高の道祖神たちは穏やかに私を迎えてくれた。


 今回の安曇野・穂高町の道祖神めぐりで出会った

dance.jpg
 ダンスのステップを踏んでるような


hisago1.jpg 
   大きな盃と徳利・珍しい 
    
koshincolor.jpg
   彩色された青面金剛像と二十三夜塔にも出会う

100.JPG
 道祖神のそばに馬頭観音と百観音の石碑が20基ほど置かれていた

mojihi.jpg
           文字碑

mizu.JPG
    朝の連続テレビ小説「水色の時」の道祖神


az.jpg
        旧穂高町役場前  

posted by echo-take at 10:56| 長野県 安曇野市の道祖神