2014年05月29日

「日本最古の道祖神」に会いに

2013年1月8日・9日
     
「日本最古」といわれる道祖神に会いに

1月8日
 6時半に出発。最初に安曇野の穂高神社御船会館で開かれている「道祖神特別展」へ。 展示のために道祖神本体を動かすことはできないので、写真と拓本での展示。拓本の道祖神像に新たな魅力を感じた。「最も古い形の道祖神(実物)」が展示されていた。男性のシンボルを思わせる形。

1maruishiazumino.JPG
    穂高神社・御船会館の「道祖神特別展」で


 続いて安曇野市豊科郷土博物館を訪ね、館長さんに道祖神御柱の立っている場所を教えてもらう。館の庭に文字碑があった。
2toyoshina.JPG

 
道祖神祭りの御柱 安曇野市・豊科地区

 地元の中年の女性に御柱の在り処を尋ねたら数カ所を挙げてくれた。小学生に聞いたら「知らない」。道祖神祭りとドンド焼きはこの地方では別の行事なのだ。を知った。新田地区と三郷地区の御柱を見る。なので照を背に屹立する御柱は私をしばしその場に佇ませた。高村光太郎の詩『冬が来た』の一節「きっぱりと冬が来た」が浮かんできた。

3 (1).JPG 
5 (1).JPG 4 (2).JPG  


1月9日

  万治の石仏 
 辰野にら向かう途中諏訪大社下社・春宮の近くにある万治の石仏を訪ねた。万治3(1660)年の造立で身の丈は2bほどの阿弥陀如来様。

sekibutsu.JPG


「裾まくり道祖神」
 
 今回の道祖神めぐりのメインは、長野・辰野町澤底地区の道祖神さんにお会いすること。訪れた澤底地区は、地名が持つイメージとは違い、谷間になだらかな耕地が広がっている。目指す道祖神さんはカーナビでは読み取れなかった。澤底地区は広く、一山超えてようやくたどり着いた。入村という集落を通り抜けると、里山の登り口に目指す「日本最古」の道祖神さんは私を待っていてくれた。
「この先には民家はない。だが、かつては諏訪につながる大切な道だった」と地元の人は言った。
 甲子塔、寒念仏碑、庚申塔、馬頭観音碑などの野仏・石神を左右に従え中央に立つのが「日本最古」と言われている男女双体道祖神。東京・麹町の『一元最中』が供えてあった。山梨の『月の雫』も。それで私は『カンロ飴』を。

7tatsuno3.JPG
日本最古といわれる双体道祖神には「永正2(1505)年の銘が


6sawa.jpg
   甲子塔、寒念仏碑、庚申塔、馬頭観音碑に囲まれて

 地元では親しみを込めて「裾まくり道祖神」とも呼ばれているこの男女双体道祖神さん。間近に見たとき、「群馬・高崎市の倉渕地区で散見した男女双体道祖神と性格が同じ」と思った。
 町教育委員会から頂いた資料「辰野町資料第92号(平成16年発行)の中で、地元の研究家が「道祖神の形体がその年代にしては少し新しすぎるのではないか」と言っている。その真偽は別として、この双体道祖神を眺めていると、たくましく生きた往時の村人の姿が二重写しになって現れてくる。
 諏訪地方の寒気はことのほか厳しいそうで、年末に降った雪が残っていた。


 澤底地区は道祖神の里

8hinata.JPG 9tenmei.JPG
10kaminushi1.JPG 


 長野・山梨から神奈川へと繋がる道祖神祭り 

 午後、山梨県立博物館の『やまなしの道祖神祭り展』を観る。学芸員さんによれば「道祖神祭りは冬の山梨の最大の祭り」とのこと。明治の初めの頃まで繰り広げられた甲府市内の道祖神祭りの盛大さを常設のジオラマでうかがうことができた。
 甲府市内の道祖神祭りは消えたが、山梨各地では道祖神信仰は引き継がれ、さまざまな道祖神祭りが今も行われている。この祭りのために作られる小屋(オコヤ・オカリヤと呼ばれる)が展示されていた。会場入り口に据えられた山梨市牧平のオカリヤ(夫婦円満のための作り物)には圧倒された。
 どの地の道祖神祭りも火を燃やす。そのわけを山梨・北杜市辺りでは「道祖神さんが自分の家を焼いて村に火事が出ないようにしてくれる。その火がドンド焼き」。それで、村人は2月8日に「道祖神の火事見舞い」として餅を背負わせた藁馬を作り道祖神に供える。
 道祖神祭りの「神木」は安曇野では「御柱」。ここ山梨では「ヤナギ」「オヤマ」などと呼ばれている。だがいずれも幣帛や切り紙などで美しく飾り、立てる。
 長野や山梨で見られる道祖神の神木飾りは、神奈川の山北町、松田町では花車という形になっている。そして神木は秦野と松田を分ける四十八瀬川を超えると「御幣・オンベ」になる。

13jinjya .JPG 14fue.jpg
    笛吹市内の丸石道祖神二体(石和八幡宮境内、笛吹権三郎像広場)丸石の道祖神は山梨県内に多く見られる道祖神

 
 塩尻の宿で『道祖神のさと』というモナカに出会った。モナカの皮は男女双体道祖神の形。これも今度の「道祖神巡り」の収穫の一つ。
mo3.jpg
     「道祖神のさと」最中

 この「道祖神の里めぐり」の締めくくりに、立ち寄り湯『ほったらかし温泉』の露天風呂から夕暮れの富士を眺めた。富士山の向こうは富士宮。富士宮にも道祖神はいっぱいある。

posted by echo-take at 12:43| 長野県 辰野町の道祖神