2014年10月13日

道祖神祭りは夏

 道祖神の里めぐり         2014年8月26日

山梨県甲府市古関町→ 甲府市右左口町→ 甲府市上向山町 

 道祖神祭りは夏

1 文字碑・双体・石祠・丸石道祖神 (甲府市古関町)
 国道358号線の道路脇に立つ文字碑道祖神は、堂々とした新しい台座に乗っている。なぜかその足下にネギが一ウネ。隣に立つ電柱には甲府市役所上九一色出張所の案内板が。そう、ここは旧上九一色村。

 1furuseki1.jpg

 この碑の横の坂道を20bほど登ったら双体、石祠、丸石の三塔の道祖神に出会えた。双体は僧形合掌像。ふくよかな造りでやさしい表情がうかがえた。大乗妙典一字一石供養塔、不動明王、庚申塔、地蔵菩薩と共に祀られている。
 2furueki2.jpg 3furuseki3.jpg

      fukumochi21.jpg
 
 それらの神仏のすべてに「福まんじゅう」が供えられている。通りかかった青年に話を聞くと、24日に道祖神祭りが行われ、祭りに参加した人にこの福まんじゅうが配られたとか。秦野と違い山梨や長野では6月から8月にかけて道祖神祭りを行うところもある。豊作祈願や暑気払いの祭りらしい。 


2 丸石道祖神 (甲府市右左口町・旧中道町)

 8nakamichi.jpg
 難読地名でも知られている「右左口」。「うばぐち」と読むのは難しい。山梨県甲府市と静岡県吉原宿を結んだのが中道(なかみち)往還。訪ねた集落は右左口宿と呼ばれ、古い宿場の風情を残す間口4間の家が今も点在する。歌人山崎方代の故郷である。

 @下宿の道祖神 自然石の丸石一個の道祖神。左下の甲子塔に「左 市川」の文字があるが、道祖神と灯籠との間にある四角い石が元の道標で「右 甲府 左 市川」と刻まれている。 
   5shimo.JPG

 A中宿の道祖神7個の丸石(自然石)円形に積み重ねられている。
   6naka.jpg

 B上宿の道祖神 円楽寺の山門の左。自然石の丸石10数個が積まれている。
   7kami.jpg

 3 右左口は山崎方代の故郷 
 大正3年、右左口村(現右左口町 右の写真)で8人兄弟の末っ子として生まれた。「方代」という名前は五人の子どもを亡くした両親が「生き放題、死に放題」にちなんで名付けたといわれている。
太平洋戦争で右眼を失明、左眼の視力もわずかに。街頭で靴の修理などをしながら各地を旅したことから、「漂泊の歌人」と呼ばれるようになる。亡くなって20年以上経ってから高校の国語の教科書や映画で取り上げられるなどして注目を集め、今も多くのファン(私もその一人)を持っている。菩提寺は円楽寺(右左口町)。寺の隣が生誕の地。

         9houdaikahi.jpg
          生誕の地に立つ「方代」自筆の歌碑

   ふるさとの右左口郷は骨壺の底にゆられてわがかえる村   方代


4 丸石道祖神 (甲府市上向山町)
 常光寺への道の入り口は中道公民館向山分館の横。その公民館の横にまだ新しい丸石(加工)道祖神があった。傍らに青面金剛像、秋葉大権現の石祠と灯篭。陽石も置かれいた。  
道祖神の注連縄が比較的新しいし、カップ酒が供えられている。それで「道祖神祭りが行われたのか」と道祖神の真横の家の人(若いお母さんだった)に聞いた。すると「夏祭りは行っていない。お酒は近所の人が供えているらしい。絶えることはない」と笑顔。
 ドンド焼きはそこの道祖神場で行われ、お坊さんがお経を上げ、主役は大人で、子供たちにお菓子が配られるとのこと。
 注連縄が新しくなっていることは、かつては夏に道祖神祭りが行われたことを表しているのではないか。「いつも誰かがお神酒を供えている」と聞き、この地に住む人たちの暮らしの中に道祖神信仰は息づいていると思った。
 
       10kamimukaiyama.jpg















posted by echo-take at 13:39| 山梨県 甲府市の道祖神