2016年09月21日

洗馬上町(上組)の道祖神は朝日村芦之久保から「ご縁想」

1 洗馬上町(上組)  塩尻市洗馬(セバ)
男女双体道祖神 握手像 商家の夫婦のような衣装と立ち姿。この道祖神は、朝日村芦之久保から「ご縁想」されたもの。銘は「古見村蘆野久保講中拾□□」それ以下は読めない。そして「道祖神正徳五乙未(1715)十月卯」とある。74cm×60cm 像高50cm seba1.jpg

 オラホーの村が栄えるように、と繁栄している村の道祖神を自分の村のものにする行為(道祖神盗み)は明治年代まで長野、群馬、静岡、鳥取など各地で行われた。そのことを長野では「道祖神の嫁入り」とか「ご縁想」と言っていた。
 朝日村の項で取り上げているが、芦之久保の道祖神場に「ご縁想」について解説板がある。それによれば「蘆野久保講中」は @正徳五乙未年十月卯日に第二代の道祖神を建立したが、A寛政七卯(1795)八月六日夜、 (現・山形村) 小坂村山口地区に「御縁想」。それでB同年十一月十三日に三代目を建立した。ところがC天保十三壬寅(1842)年二月七日夜、本洗馬村上町(現・塩尻市)に「御縁想」。D今の道祖神は四代目である。写真→左は山形村に現存する二代目双体道祖神・「山口の丸髷」と呼ばれている。ここ洗馬上町(上組)の道祖神は芦之久保の三代目。写真下は芦之久保の道祖神(四代目)
ashinokubo.jpg

男女双体拱手像 雲上神・衣服は神祇系。男神の大きな耳。(銘)明治二十年星次丁亥(1887)春三月再興 洗馬上町中 120cm×130cm 像高48cm
1.jpg



2 高日出神社前の道祖神  塩尻市広丘高出 高日出神社前
男女双体道祖神 肩組み酒器像 ふくよかな表情で写実的な彫り方。碑の右辺に「天保年中二月日(1830〜1844)」とあるが、造立年の銘「天保年中二月日」は変った表記で理解しがたい。市教委の『塩尻の道祖神』には「碑身自体が奇抜な形をしており、記年名も変っているし、御幣の刻み方にも特長がある」と書かれている。
 諏訪地方の男女双体道祖神には、大きな御幣が《相合傘》のように彫られているものがある。この塔も両神の間に立った太い柱の紙垂(シデ)が両神を包むように垂れ下がっている。100cm×90cm 像高50cm
takahide.jpg

文字碑道祖神 同所
彫りの深い堂々とした文字碑。98cm×90cm
takahide2.jpg



3 堅石三社の道祖神  塩尻市広丘堅石(カタイシ) 堅石三社境内
男女双体道祖神 花頭窓の下に納まる。肩に置かれた男神の手を女神が握っているが慎ましやかで品が男女双体道祖神・肩組み握手像。 80cm×40cm 像高42cm 
kataishi2.jpg

文字碑道祖神  裏面の銘は「天保十五辰(1844)十一月八日」と「帯代五両」。帯代とは「ご縁想・道祖神を盗っていくなら、帯代(結納金として)五両をいただく」という警告。上記の洗馬上町の「ご縁想」と同じ趣旨。「帯代」が文字碑に刻まれているのは珍しい。初見である。一部地中に埋まっている。90cm×40cm
kataishimoji.jpgsanjya.jpg



4 原新田の道祖神  塩尻市広丘原新田(ハラシンデン) 津島神社 山神社境内
文字碑道祖神 裏面に「弘化五戌申(1848)二月日」「帯代五両 原新田邨」と刻まれている。堅石三社境内の文字碑道祖神と同じ趣旨。堅石のものは1844年、こちらは1848年と造立年が近い。多分「ご縁想」が盛んだったのだろう。この碑は半分に折られ修復されている。80cm×35cm
hara1.jpgobihara.jpg

男女双体道祖神 肩組み酒器像 男神女神が手にしている酒器は男女のシンボルのように見える(地元の人の話)。大正六(1917)年 原新田中の造立。塩尻市内で大正時代に造立されたのはこの一基のみ。 78cm×70cm 像高40cm
hara2.jpg


posted by echo-take at 08:45| 長野県 塩尻市の道祖神

2016年06月05日

新刊紹介 「Katsumi In 道祖神ワンダーワールド」 武勝美著

bo.jpg

著者・武勝美の挨拶より

 “道祖神・ワンダーワールド“へのお誘い  

 石造道祖神の造立数は都道府県別で次のようになります。@長野3900 A群馬3500 B神奈川2800 C山梨2200 D静岡1800 E鳥取600 F新潟500 G埼玉300(数値は百の位まで)。私はこれら8県の《道祖神の里》に焦点を合わせ訪れました。その訪問先の市町村を数えてみたら秦野市を除き60余カ所になります。
「なぜ道祖神なの」「道祖神の魅力は」「好きな道祖神を教えて」などとよく尋ねられます。でも、どの問いにもしっかりとした答えは返せないのです。ただ、出会った道祖神がその地の風土によってさまざまな信仰対象になっていること、その双体像の姿態や刻まれている文字もまた“千変万化”・多種多様であることが、次の里への訪問の強い誘引となっていることだけは確かです。
 石造道祖神とは言え、時の流れは塔碑にかなりの変化(摩滅や剥落)をもたらしています。このことを含め、かつて里人の「心のよりどころ」だった道祖神は、今その存在さえ忘れられようとしています。そうした現実の中、『里めぐり』で地域の人から道祖神にまつわる話を聞かせてもらい「道祖神はその地域の文化財。できれば記録を」という思いに至りました。それがこの度の上梓のきっかけの一つになっています。
 出会った道祖神を通して、道祖神は私の“ワンダーワールド“になりました。ここに収めた道祖神さんは、北は北海道から西は鳥取県までの550余点。収録できなかった塔碑を含め、出会ったすべての道祖神さんとこの本を編むことで再会できたこと喜び、懐かしんだのでした。
 
 2016年6月 
                             武 勝美

 問い合わせ先 
  
   (有) 夢工房 yumekoubou-t@nifty.com
            〒257-0028 神奈川県秦野市東田原200-49
             0463(82)7652 FAX 0463(83)7355   担当・ 片桐まで
posted by echo-take at 08:14| その他

2015年02月08日

みやびな男女双体道祖神

道祖神の里めぐり 長野県東筑摩郡山形村   2014年8月27日  

 みやびな男女双体道祖神 
 みやびな道祖神と言えば安曇野が知られているが、松本市の隣り(松本平の南端)に位置する山形村も道祖神が村の売り物。田園風景の広がる村内には40体ほどの道祖神があり、特に男女双体道祖神には、優雅な宮廷生活を思わせるものが多い。
山形村は人口約9000人、特産品は蕎麦、長芋、アスパラなどの農産物、そして江戸時代に祀られた道祖神。村の公式HPには「山形村の道祖神」のページがある。
その山形村13の双体道祖神をこの夏訪ねた。その時の順路で道祖神を紹介する。
※「 」は山形村が名づけた道祖神の愛称。( )は碑の所在地

1 「車屋美人」(下竹田唐沢) 弘化2(1845)年 
 男神が盃、女神が座って酒器の片口を持つ祝言像。立っている男神、座っている女神の道祖神は初見。跪座(ぎざ)祝言像と言うのだそうで安曇系。
 しっかりと手を握り合っている二神。蓮の花が添え彫りされているから仏教系道祖神」と解説されているが、私には蓮花は見えなかった。ふくよかな面立ちの女神。髪も豊か。「竹田村車屋中」の銘があるので「車屋美人」。

  11.jpg


2 「路傍の情熱」(下竹田中通り 建部神社境内) 
 右手で女神の肩を引き寄せる男神。女神が衣の裾を少し広げている。名づけて「路傍の情熱」。男神が情熱で迫っているような姿勢。それでいて両神は何かを待っているかのように正面をみている。
 
  2jyonetsu.jpg
  

3 「童歌」(下竹田中通り 建部神社境内)
 その幼い表情から「わらべうた」のネーミングを持つ双体像が立つ。波田盛泉寺から力士・岩の松が力自慢で担いできたと言われている。その後も村の力石として辻々に転々としてきたのをここに祀った。道にでも迷ったのか女神は下向きで哀しそうな表情。その女神にたくましい顔の男神が付き添う。道祖神は子供を守る神。「二体地蔵」と言う人も。「路傍」と「童歌」の間に青面金剛・三猿の庚申塔が見える。

  3warabe.jpg


4 「小人のささやき」(小坂中原町)
 身の丈は小さいがその姿態からささやきが聞こえてくるようだ。塔の上部が広いのはそこに文字が刻まれるはずだったのかもしれない。あるいは刻まれているが摩滅してしまった?傍らに陽石も立つ。

  4kobito.jpg 


5 「筒井筒 中大池」(中大池上手東) 寛政7(1795)年
  男神は折り烏帽子、女神は長い垂髪を束ねている。貴族スタイルの肩組み握手像。体も足も双神はぴったりくっつけ、お互いに肩に手をかけ、女神が男神の手をしっかりと握っている。

  5tsutsunaka.jpg 


6 「大池の頭領」(上大池中耕地) 嘉永5(1852)年 
 「頭領」と名づけたようにその容姿は堂々としたもの。大地主さんか。衣冠束帯・十二単衣の肩組み握手像。塔の高さ185cm 幅は170cm。背後の城壁の土蔵を持つ民家の建立したものが。大きな浅間大神と蚕玉守護神の碑も。

  6toruo.jpg


7 「袖中祝言」(上大池青木沢東) 嘉永4(1851)年
 「袖中祝言」。このような双体像があるとは知らなかった。「袖中祝言」と名づけられたものは、男神の右手と女神の左手が袖の中で結ばれているから。村のHPの解説では「容貌、風姿、着付けから見て村の長老の印象」とある。女神の重ね着の小袿(こうちぎ)の裾が跳ね上がっているのも珍しい。男神は杯、女神は土瓶型の酒器を持っている。「青木講中」の銘。「袖中祝言」と「つつましき女神」同じ石工によるもの。
 制作した年が一年違う(嘉永4年と5年)ため、「袖中祝言」では跪いていた女神(跪座祝言像・上)が、「つつましき女神」(横)では立ち上がって抱肩握手像になった。

  7sode.jpg 


8 「山口の丸髷」(小坂山口) 正徳5(1715)年
 昔は信州では「道祖神盗み」という習俗があった。これを「嫁入り」とか「御縁想」と言う。安曇野と辰野でもその話を地元の人から聞いた。この「山口の丸髷・まるまげ」は山形村の隣り朝日村から嫁いできた
とのことだ。(詳しくは別項で) 
 この双体像が道祖神盗みに遭った理由は女神が丸髷ということらしい。いや握手像としては日本で2番目に古い像だからだ。   
 女神がややうつむき気味に男神と向き合い手を重ね合っている。正徳5(1715)年の造立ということで、摩滅が激しく“昔の面影”(特に男神)は想像するしかなかった。

  8yamaguchi.jpg


9 「つつましき女神」(小坂大日) 嘉永5(1852)年 
 解説では「『大池の頭領』と同じ石工の作」、「男神が積極的に女神の手を握っているため、こう名づけた」。肩組み握手像だが、握手というより男神の大きな手が女神の手を包み込んでいるように見える。 
道祖神を中心に庚申塔、二十三夜塔、一石一字供養塔、回国供養塔、六字名号塔、如意輪観音などが祀られている。道祖神への信仰の深さをこの並び方で知った。

  9.jpg


10 「素足の道祖神」(小坂日向) 寛政7(1795)年 
 双神は大きな碑石の向かって左側に彫られている。他の双体道祖神に比べ華麗さや優雅さがなく、中が狭いと言わんばかりの大男と大女の姿。貴族スタイルではあるが、顔つきや体つきから生活の匂いと躍動感を感じる素足でちゃんと足の指まで刻まれている。碑の高さ120cmほど。女神のほうが積極的に見える。

  10suashi.jpg


11 「筒井筒」 小坂(小坂殿) 寛政8(1796)年 
 塔の高さ160cmほど。双神の身の丈はおおよそ60cm。衣装は細部を省略しておおらかな風姿。伏目がちの女神が印象的。平安時代のみやびな宮廷人の生活を思わせる。女神の手が上の肩組み握手像。私はこの双体がもっとも気に入った。

  11tsutsykosaka.jpg


12 「酒樽」(小坂下北沖) 嘉永2(1849)年
 男神女神が立つ土台に酒樽が浮き彫りされている。「袖中祝言」像。祝言だから酒をたくさんふるまいたいという願いからか。女神は土瓶状の酒器を、男神は胸に奉書を抱えている。の左右を削り男根状にしている。
「酒樽」は後年(大正12年)になって追加彫りが施されたと、最近になって解明されたそうで、145cmほどの碑石の向かって左側の側面を削り形状を陽石(男根)にし、夫婦和合の象徴にした。像は「.車屋美人」と同じ跪座祝言像(安曇系)。

  12sakadaru.jpg
  
13 「筒井筒 下大池」(下大池 下大池公民館前) 寛政7(1795)年
 山形村の公式HPの解説は「つぶらな瞳で鼻筋の通った優雅な顔立ち、若さと初々しさを感じさせることから、「幼なじみ」という意味をこめて『筒井筒』と名づけられた。肩組み握手像で女神の手が男神の手を包む。彫像は大変優雅な作で、その拓本が1956年パリでに紹介され、浮世絵以来の好評を博したそうだ。村の解説には「その美しさは早くからフランス、カナダ、アメリカなど海外まで知られた。山形村のというより信州の、いや日本を代表する道祖神である。」とある。この道祖神は柵で囲まれ「拓本厳禁」の立て札が立っていた。
 道祖神を眺めていたら下校時の中学生(鉢盛中学校)の誰もが元気よく挨拶してくれた。今回の山形村の道祖神めぐりも満ち足りた心で締めくくることができた。

  13tsutsudhimo.jpg


posted by echo-take at 09:14| 長野県 山形村の道祖神

2015年01月23日

地名「久那土」と子育て双体道祖神

道祖神の里めぐり 山梨県身延町(旧下部町) 2014年8月28日

 地名「久那土」と子育て双体道祖神

 道祖神の別称に「久那斗神(くなどのかみ)」「岐神(ふなとのかみ)」がある。「久那斗神・岐神」とは、伊弉諾尊(いざなきのみこと)が黄泉(よみ)の国から逃れて禊(みそぎ)をした時,投げ捨てた杖から生じたという神。集落の入り口や道路の分岐点などにまつられ、種々の邪霊・禍災の侵入を防ぐ神で、道祖神、岐・衢(ちまたのかみ)と同じ。この「久那斗」と同じ読み方をする地名「久那土」が身延町(旧下部町)に存在する。JR身延線の駅名にもなっている。

この日の順路:車使用
 「なかとみ和紙の里」前に 道祖神@ ⇒富士川を渡る(峡南橋) → 「つむぎの湯」→ 久那土駅→ 身延線の鉄橋をくぐり左折→ 道祖神A  ⇒県道9号に戻る→ 久那土中学校前の河原駐車場 → 道路を横断 大草ふれあいプラザ前に 道祖神B ⇒久那土小学校前右折→ 久那土郵便局前を通過→ 県道404号 川側に 道祖神C ⇒橋を渡って民家前に 道祖神D ⇒県道404号に戻る→ 龍泉寺参道入り口に 道祖神E  ⇒道路山側に馬頭観音・石仏群→ 切房木 岩船地蔵尊前を通過→ 道地区の始まり→ 道路山側に馬頭観音→ 道路山側に 道祖神F ⇒慈観寺前を通過→ 自動車工場横の小道に入る→ 道祖神G ⇒県道404号に戻り蛇行した坂を登る→ 坂の途中・道路谷側の下に 道祖神Hがある石仏置き場 ⇒大磯小磯方面or古関方面(照坂トンネル方面)の分かれ道→ 三叉路を大磯小磯方面に進みすぐ 道路下に 道祖神I ⇒大磯小磯方面に進み 分かれ道を上小磯方面へ→ 山道を登り集落入口に 道祖神J ⇒元の道に戻り大磯小磯方面へ→ 道路山側に八王子諏訪神社・斜面に道祖神K  ⇒大磯小磯公民館の北側へ伸びる山道 小橋を渡る 道祖神L(破損) ⇒大磯小磯公民館前の三叉路に 道祖神M(石祠2基) ⇒来た道を戻り芝草の三叉路を古関方面へ →照坂トンネル→ 寺(方外院)前を通過→ 山側 農道の入り口に 道祖神N ⇒本栖みちに合流→ 古関集落公民館の横に 道祖神O

道祖神寸見

@「なかとみ和紙の里」前

1nakatomi.jpg

 
A 身延町三澤
 2kunado.jpg
 双体道祖神一つの石に二神を浮き彫りにしたものが多い。しかしこの双体は丸彫り。地蔵でなく道祖神として認められるのは握手をしているから。道祖大神の文字碑も並立している。
傍らに地元三澤第二組が立てた解説板によれば「この双体道祖神は室町時代のものともいわれている」とある。「明治40年の水害で頭部が流失し丸石が乗せられた」とも。
集落に今も伝わる道祖神祭りは毎年1月14日に行われ「25才と42歳の厄年の男性と新婚者がお神酒を上げる。かつては夜明かしで踊った」らしい。そして結びは「男女双神は夫婦和合、子孫繁栄。道を教える神が人の道を教えるとして民間信仰として定着した思われる」。流失した頭部は優しい眼差しで人々の祈りにこたえていたのだろう。 
 

B 大草ふれあいプラザ前
 3ohgusa.jpg
 丸石の道祖神(寛政2年)。傍の石灯篭に「石尊大権現」の文字が。この地でも石尊(大山)信仰はあったことを知る。この灯篭には金比羅大権現、秋葉大権現の文字も刻まれていた。子育て地蔵、庚申塔、二十三夜塔も祀られている。


C 下部第二分団詰所の横
 4shimobe2.jpg
 駒形の双体で男神は笏、女神は宝珠。文字碑は明治23年造立。


E 龍泉寺の参道入り口 
5ryusenji.jpg
 赤っぽい色の男女双体像で明和元年の造立。由布と大きな手が特徴。道祖神場もある。地域がしっかり護持している様子が分かる。


G 身延町道 
6jikanji.jpg

 jikanji2.jpg
慈観寺の近く。「子育て道祖神」で女神が子どもを抱えている。男神は笏。石祠は大正4年。


H 身延町水船
 9kamikoiso1.jpg
 集落から離れた夏草の繁る中に立つ男女双体神。だが世俗から離れているためだろうか表情は穏やか。惹かれる像。


I 身延町芝草
 8shibakusa.jpg
 かなり埃に覆われていた。女神は体の前で子どもを抱えている。Gの子どもと比べこちらの子は女神のあごくらいの背の高さ。大きな子である。男神は笏を手にしている。


J 身延町大磯小磯
 9kamikoiso1.jpg 10kamikoiso2.jpg

 11kamikoisoall.jpg 
 八王子諏訪神社の法面に男女双体が二体。一体は由布、他の一体は太い紐のような由布を手にしている。庚申塔や地蔵も並列。


L 大磯小磯公民館北側 
oisokoisokominkan.jpg
 長さ3bほどの橋を渡ると道は山中へ。雑木林を透かしてみると人家が一つ望めた。この橋のたもとに4坪ほどのモルタル塗りの小屋があった。取水小屋らしいが全く使われていないようだ。その脇に上部が欠けた双体道祖神が祀られていた。菊紋の石祠道祖神も。陶製の恵比寿、大黒、布袋像が納められている。注連縄が張り巡らされているので道祖神祭りは行われたのだろう。
 この日回った集落で家財の整理をしている(運び出している)光景に二度出遭った。過疎化は進んでいることを知った。だがどの集落でも、今年も道祖神祭りか行われたことを示す竹と注連縄が見られた。そこに道祖神信仰の原風景を見たような気がする。


N 身延町古関
 13furuseki.jpg
 男神は笏、女神は扇。顔の形などに男女の違いが表れている。敗戦後の混乱期の昭和25年1月14日に松葉組と馬場組による造立。村人は何をこの双神に祈ったのだろうか。 


O 身延町古関公民館横
 14furuseki2.jpg 
 男神は笏、女神は合掌の像。家紋が付いているが判別は難しい。丸石道祖神も。
 柵の外に長い歳月を経た双体道祖神が立つ。この塔は柵内の塔の祖先かもしれない。小さな賽銭箱が設けられている。道祖神場があり、そこにヤナギが置かれていた。ここで下部の道祖神めぐりは終りなので秦野の地酒をすべて飲んでもらった。


下部温泉郷の奥 
 spa.jpg




posted by echo-take at 12:24| 山梨県 身延町の道祖神